日本橋人妻風俗と欲情

今日は久しぶりに実家のある大阪の日本橋に帰ってきた。大学のために上京し、そのまま東京で中小企業に就職した。大学時代はちょくちょく暇を見つけては帰って来たものだったが、社会人になると大きな休みも取りにくくなり、自然と足が遠のいていた。結局、2年ぶりの帰省になってしまった。実家に帰ると、ばあちゃんが喜んで出迎えてくれて、両親とも久々に会ったので話は盛り上がった。東京はどうだ?結婚はどうだ?と質問攻めにあい疲れたが、気分は悪くなかった。初日は宴会のようになり、懐かしい匂いのする自分のベッドでゆっくりと眠った。 翌日、朝起きるともう父親はおらず仕事に行っていた。それもそのはずで、僕の連休は一週間で平日に帰って来ていた。今夜は地元の幼なじみたちと飲む約束をしている。もしかしたら日本橋人妻風俗など風俗で遊ぶことになるかもしれないが。しかし、流石に時間があるので、久しぶりの地元を楽しもうと思ってぷらぷらと町へ出た。少し変わったけど基本は変わってないなぁと思いながら街を歩いた。そして昔友人とよく遊びに来た日本橋人妻風俗店がある辺りに到着した。

もちろんそのとき彼女こそいなかったが、そのとき指名した日本橋の人妻風俗嬢は僕が風俗で遊んだ初めての相手だ。平日の昼間だというのにそれなりに賑わっていた。カップルがやけに目につき、初めて遊んだ日本橋に在籍する人妻風俗嬢を思い出し胸が痛くなる。その日本橋人妻風俗嬢を何度か指名したのだが、結局僕が上京をしていた際に風俗を上がってしまったため全く会わなくなったのだ。あぁ、今頃元気にしてるんだろうかぁと思うと、何だか寂しい気持ちになってきた。というのも、僕はその日本橋人妻風俗嬢以外と風俗で遊んでいなかった。そう思うと、先ほどまで気にならなかったのに、アイツらはこの後セックスするんだ、アイツらもアイツらもどうせこの後セックスするんだと思って、段々とやるせない思いになってきた。こんなに真面目に働いて、こんなに真面目に生きてるのに、どうして俺はセックスすらまともにしてないんだろう!もういい、久々にセックスがしたい。俺の頭の中はそれで一杯になっていた。とにかく誰でもいいからセックスしてやると思って、急いで日本橋にある風俗を検索した。日本橋人妻風俗は本番禁止ということは分かっていたが、それでもあえてセックスをしたいという気持ちが湧き上がっていたのだった。そしてここからほど近い日本橋人妻風俗を見つけ、電話すると今すぐOKだということだった。すぐさま指定されたホテルに入り日本橋人妻風俗嬢を待つ。これからキレイな女性と遊べると思うと、久々の感動に俺のチンポから我慢汁が溢れていた。